植物

草取りで綺麗な庭をキープさせよう|無駄のない作業の進め方

効率的な作業の進め方

芝刈り機

庭に芝生を敷く家庭はたくさんありますが、芝生といえども植物なので、一度植えると時間と共に芝が伸びてしまいます。そのため、綺麗な庭を維持するためにも芝刈り作業は必ず行なうべきです。通常、芝刈りは月に2回ほどの頻度で行なうと良いとされているのですが、夏場は特に芝が成長しやすいので最低でも月に4回は芝刈り作業をする必要があります。また、芝刈りをする際、多くの人は一回ですべての処理を終了させたいと思うはずですが、初めて芝刈りをする人がいきなり芝を全部処理してしまうと加減が分からずにせっかくの庭が台無しになってしまう恐れもあるため、まずは数回に分けて様子を見ながら芝刈りを進めていきましょう。

芝刈り作業をスムーズに進めるためには、最初に小石やゴミなどを拾うなどの下準備をする必要があります。芝刈り機を使って作業を進めていくと、機械に小石が挟まって故障の原因となってしまう場合もあるので、熊手を使いながら芝刈に最適な環境を整えていきましょう。また、芝刈り機を使って作業をするときは、広い面を優先的に刈っていきます。縦、横、斜めの3方向から刈るようにすると綺麗な仕上がりになります。さらに、芝刈り機で処理しきれない細かい場所は、芝刈り用のハサミやバリカンを使って形を整えると良いでしょう。最後に、ある程度芝刈りが完了したら竹ぼうきや熊手を使ってゴミをかき集め、より綺麗な見栄えになるようにしっかりと処分していきます。このような手順で芝刈りをすると素人でも丁寧な作業ができるので、まずは参考にしてみましょう。
また、自分で行うのが困難な方は、無理せずに業者に頼むといいです。専門知識と技術があるので、スピーディーに作業を行ってくれるでしょう。相談も気軽に受け付けているので、悩んでいるならまずが問い合わせてみるべきです。